.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 7月 04, 2007

商業エロマンガの規制が強化されているらしい

http://fujimaki.air-nifty.com/mousou/2007/07/post_4247.html
松文館事件が上告棄却になって有罪(懲役ではなくて罰金刑だけど)が確定したので、警察利権の一つであるエロ出版のうち、法というよりは判例による根拠がなかったために、今まで多少緩かったエロマンガ分野の締め付けを厳しくして警察の恐ろしさを業界に知らしめ、よって利権の強化を図ろうとしているのではないか。
そのうちエロゲーも検挙→有罪コンボで警察利権に組み込まれるだろう。先に書店売り同人誌かもしれないが、こっちは下手に手をだしたら市場ごと消え去る可能性もある、という頭が働く奴が警察にいるかどうか掛かっているだろう。
(参考:http://yama-ben.cocolog-nifty.com/ooinikataru/2007/06/post_5641.html
実際のところがどうなっているのかは、現在執筆されている原稿が本になる来月か再来月にならなければ判らない(コンテ段階であればもっと先かもしれない)。それと、ワニマガジン社の本は確か自主規制がやたらと厳しいコンビニ流通だったと記憶しているし。
本当ならば、確かコミケット準備会の規制ラインは商業規制の一番厳しいところに合わせていると記憶しているので、夏コミは販売禁止サークル山盛りで、冬コミは大手が一斉に部数を絞って阿鼻叫喚の地獄が待ちうけるというメッセから追い出された直後の状況が再現されるのではなかろうか。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home