.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

木曜日, 11月 25, 2004

社会問題

どうにもこうにも「社会問題を考える」というスタンスが苦手だ。
すぐに「(自分を含めて)こんなクソったれどもの社会なぞ、どうなったって構うものか」という考えが前に出てきて、真面目に考察を行なう気力をなくす。
なんというか、私は総体としての人類は嫌いなのだな。人類の中には素晴らしい、素敵な人もたくさん含まれるけれども、総体として眺めると、そこにあるのは濁った灰色とも茶色ともつかない「汚らしい」としか形容できない代物なのだ。
それに、これまで「人類全体のため」などという題目を大真面目に中心に掲げて、まともに上がった業績なんかありゃしないとも思う。
もし、対外的にそういうことを言っていたとしても、それは単に自分のやりたいことがやり易くなるからなんじゃなかろうか。
もし、本気で純粋に「人類全体のためだけに」なんてことを考えている奴がいたとして、私はそいつに共感することはもちろんできないし、近づきたいとも思わない。そんな得体の知れない思想を持った奴には恐ろしくて近づけない。「人類全体」より範囲を縮めて「日本人」でもそうだし、「東京都民」でさえもそうだ。
「みんなが困るからなんとかしましょう」よりは、「俺が困るからなんとかしよう。なんとかすればみんなも助かるだろ」の方がずっと信用できる。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home