.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 9月 28, 2005

禁煙ファシズム運動だってさ

http://d.hatena.ne.jp/20050926/p2
http://d.hatena.ne.jp/amai_oyatsu/20050927
最初のリンクを踏まえての後のリンクでの発言。
>このような非対称が許される理由はいったい何だ?
それは、片方が安全側への証明で、もう一方は危険側への証明だからなのでは。
タバコ以外でも普遍的に見られる現象ではないか。
例えば、環境ホルモンの危険性など、個人的な体験はおろか定量的な調査結果さえも存在しないのに信じられている。それに比べればえらく健全だと思う。
放射性元素に関わる様々な都市伝説(今だと劣化ウラン弾なんてのが旬ですな)も、個人的な体験などほとんど見られず、あるのは適当な調査を基にした政治的思想の発露から生まれた伝聞だけと言っても良いくらいの状況だ。それでも信じる人は後を絶たない。
要するに、人間は、自分が直接利益を得ていない危険かもしれない事物には拒否反応を示す、ということなのだろう。
その拒否反応にとって都合がいいのは、危険側の証明であることは言うまでもない。自分が直接利益を得ていないわけだから、危険と看做されて排除された方が、自分の周囲から危険因子が減る分、自分の利益になるというわけである。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home