.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

木曜日, 11月 30, 2006

なにこの伝言ゲーム

http://d.hatena.ne.jp/makaronisan/20061123/1164223826
http://d.hatena.ne.jp/marusato9365/20061121/1164121958
へー。蚊取り線香の毒性は無茶苦茶高いけど、誰も気にしないから問題にならないんだー。へー、そりゃー大変だー。(棒読み)
さて。「蚊取り線香の毒性が強い」という命題の根拠は、以下の文章だけである。

●蚊取り線香の煙とタバコの煙はどちらが発癌性が高いだろう。

蚊取り線香は全て副流煙だからタバコより発癌性は高いだろう。はたして
,欧米諸国で蚊取り線香は販売可能だろうか。米国では屋外使用に限定し
て販売されていると聞いたが本当だろうか。

問題なのは、冒頭の一文。"蚊取り線香は全て副流煙だからタバコより発癌性は高いだろう。"「だろう」? 推測かよ。推測を元に話を進めるにしちゃ、続く文章の内容はいかにも過激だ。
それに、何を燃やしても、出てくる煙は有害だとでも言いたいのだろうか? そんなことは、元の物質と燃焼の状況によっていくらでも変化するものだと思うのだが。
閑話休題。
引用元のURLはトップに張られていて、当該文章がどこにあるのか人力で探さなければいけないのだが、それは以下のページにある。
http://members.at.infoseek.co.jp/gregarina/idxIS.html#Gimon
そのページを表示させてみると、先頭に引用されなかった文章がある。

疑問編
だれか教えてください。

つまり、根拠として引用されている文章は、単なる疑問への取っ掛かりとしての思い込み(根拠は特にないので、敢えてこう書く)とそれに続く疑問文なのである。つまりは確認された事実など何もない。引用先エントリのタイトルには「調べてみた」などと書いてあるが、こんなもんは調べたうちに入らん。
それが、一段階違う人間のエントリを経ただけで

蚊取り線香って、なんの心配もないものと思ってたいていましたが、いやはや
こんなに危険なのね。

などということになってしまう。こちらの方が化学物質の毒性よりよほど恐ろしいではないか。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home