.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

土曜日, 10月 21, 2006

ガラス製CD

http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061021k0000e040064000c.html
>ガラスCDは完全に透き通っており、温度や湿度変化を全く受けないため
…………。
ガラスの物性について明らかな嘘が書いてあるというか、日本語としてもかなり間違っているのだが、やはりこの文章を書いた記者に責任があるのだろうか。それとも、元々の発表からしてそうなのだろうか。
ガラスは完全に透き通っているなどというのは大嘘もいいところ(ガラスの板を横から見ればすぐに判る)だし、ガラスが温度によってかなり大きく膨張収縮するのはこれもまた常識だ。
一方で、湿度の影響はかなり受けにくいことは確かだ。高温高湿環境において加水分解してしまうポリカーボネートに比べれば、全く受けないと形容しても構わないかもしれない。
オーディオの世界は魑魅魍魎が跋扈するオカルトの世界なので(以前、CDのフチに緑のマジックで色をつけると音質向上するなんて話もあった)、それに類するものだとしか思えない。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home