.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

月曜日, 8月 01, 2005

F1ハンガリーGP決勝

重くても速い今年のマクラーレンには流石に敵わず、M.シューマッハーは2位。
マクラーレンのトラブルも今回はモントーヤに出てしまい(トラブルというのはそういうものではないことは判っているけれども)、2回目のピットインで先頭に立ったライコネンは余裕の勝利。
マシンがタイヤに優しくないということもあるのだろうが、ブリヂストンタイヤの耐久性も、勝利に届くにはまだまだ。第二スティント以降が速くないというのも問題か。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home