.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 5月 24, 2006

ネスレ Sparkling Cafe

なんかここ最近のエントリを見ると、すっかり「変な飲み物」ブログと化している。しかしながら他に書くネタがないので、エントリを増やすには書くしかない。
というわけで、ネスレから発売されたコーヒー入り炭酸飲料「Sparkling Cafe」が近所のコンビニにあったので買って飲んでみた。
非常に微妙な炭酸量(開封してから二日ほど経った1.5リットルペットボトルのコカコーラ程度)で、カップに注いだ直後くらいにしか泡は立たない。舌で感じられる刺激も、口に含んだ直後くらいで収まってしまう。
というわけで、コーヒーと炭酸飲料の落としどころとしてはなかなか微妙なところを突いていて、コーヒーの味を期待して飲んでも、予想と異なる味がして激しく不味いと感じることはないと思われる。かといって、美味いわけでもないところが微妙だ。
また、昨今の風潮に合わせたのか、カロリーオフということで合成甘味料が使われていて、その不自然な甘みが「美味いわけではない」点に拍車を掛けている。
要するに、「すごく不味いわけではないが美味いわけでもない。一応コーヒーの味はする」という中途半端な評価しかできない。コーヒーと炭酸飲料が一緒になったものならどんなものでも構わぬ、という人にはお勧めできるかもしれない(炭酸が非常に弱いのがこの場合はネックになるか。なんて中途半端な)。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home