.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

月曜日, 1月 31, 2005

背中が痛い

運動不足が主な原因なのだろうが、年に一度くらい、背骨に沿った背筋の筋を違えて、横たわった状態から身体を起こすのに非常な苦痛を伴う状況になったりする。
単純に言えば「背中を寝違えた」というごく一般的な状態のことを言っているだけなのだが。
それはともかく、頸に頭蓋の重みをかけると当該部分が激しく痛むので、身体を起こすどころか寝返りを打つのもできずに、不自然に力むものだから背中全体が痛くなったり、肩や頸まで痛くなったりして、下手をすると腰に影響範囲が及んで一週間ほど動けなくなったりするので侮れない。
一度身体を起こしてしまえば、頸に加重をかけない限り(例えば、濡れた頭をタオルでがしがし拭くなど)、それほど痛みを感じたりしないわけだが、無意識のうちに不自然に身体の動きを制限しているようで、肩や首の筋が凝ってくるのである。
要するに、そこらじゅう痛くてちっとも集中できない。とりあえずサロンパスシリーズのフェイタス(パッケージに本当に「サロンパスシリーズ」と書いてあるのだ)を買ってきて、根源である背骨の脇に貼り付けてみたが、正直、効いてるんだか効いてないんだかよく判らない。
悪くなってはいないようなので、様子を見ることにする。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home