.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

火曜日, 1月 25, 2005

宅配業者の個人的評価

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline1118595.html
Amazonを利用していると、必然的に日本通運と接する機会が増えるわけなのだが、個人的には日本通運のサービスはまったく使い物にならないレベルだと考えている。おそらく配送料金が安いのだろうが(1500円の買い物でタダにできる程度に安いはず)、時間指定配達は21時までだわ不在時の再配達の電話受付時間は20時で終わりだわで、独身一人暮らしで技術系サラリーマンなどやっていたら、平日には荷物を受け取れないシステム満載だからだ。
佐川急便は24時まで時間指定できるし、再配達受付は24時間だし、カードで代引き料金は払えるしで、カタログスペック的なサービスに関してはほぼ最高レベルと言えるだろう。一度でも荷物を破損された人間は二度と使わないのだろうが。後、時間指定の荷物を指定時間以外に持ってくるドライバーは確かに存在するな。それで再配達扱いになったことがないので実質的には被害0なのだが、少し不安ではある。
郵政公社のサービスは、個人的には再配達システムが硬直化しすぎていてお話にならないという評価である。最近、歩いて5分掛からない局から、電車で隣の隣の駅に行かなければならない局に担当局が変わってしまって、取りに行くのがえらい大変になってしまったのでその恨みも少し入っている。
リンク先には出てこない福山通運は、日本通運に輪をかけて使えない。ここに頼むくらいなら郵政公社に頼んだほうがマシである。以前利用したときにApple Storeがここを使っていて大変不愉快な思いをしたことがある。
ヤマト運輸に関しては「料金が高い」以外の感想はない。その料金の高さも、サービスの質に見合ったものなのであろうと推測している(内情がどうだかは知らないが)。
結局、こういうものはごく個人的な範囲、すなわち主観にしか基づけないわけで、この件について何か言ってみたところで、たいした意見にはならないだろうとは思う。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home