.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

金曜日, 1月 14, 2005

NHKに対して自民党の安倍幹事長代理が圧力を掛けたとする報道について

番組自体は見ていないが、最初に問題として取り上げた人物が「自分の名前を売るために捏造した」と告白している従軍慰安婦問題を糾弾する集会(法廷という名前がついていたらしいが、弁護人も立てないようなものは、現代社会において法廷とは呼ばない)を、その集会を企画した団体の関係者である人物が取材した番組、という時点でどのような内容であったか容易に予想できる。
番組の質として最低であったことは論を待たず、おそらく当番組の製作者である人物は、NHK内部でも厄介者扱いされていたのではないだろうか(というか、集会の関係者自身が番組制作を行なっていたのだから、それこそ放送法違反スレスレである)。
そして、集会の関係者によれば、NHKの人間が安倍氏に面会する10日前から、番組の改編は始まっていたとのこと。
http://www1.jca.apc.org/vaww-net-japan/nhk/etv2001.html
だとすれば、NHKの方から放送前に政府与党である自民党の人間に話を持ちかけた理由も出来る。そして、上に書いたような内容であれば、よほど警戒している人間でなければ苦言を呈するに違いない。要するに安倍氏はNHK幹部の番組つぶしの言い訳のダシに使われたわけだ。
(このパラグラフは追記参照のこと)そして、北朝鮮への経済制裁論が急浮上している今のタイミングで告発される(しかも親北朝鮮的態度を明らかにしている朝日に)。つまり、今度はその番組制作担当者に使われたことになる。
これは単なる私の推測に過ぎないわけだが、私が知っている情報には矛盾せずに状況を上手く説明できていると思う。
もし、これが事実ならば、安倍氏、人気はあるようだけれども、ちょっと政治家として脇が甘すぎるんじゃなかろうか。

2005/1/15追記
番組製作担当者がなぜこの時期に告発したのか,に関しては、集会の主催団体が放映された番組の内容に関してNHKを相手取って始めた裁判の結審が迫っていることが関係しているようだ。よって、番組制作担当者に使われたという部分はおそらく誤りであろう。
NHK幹部のダシに使われてしまっただけでも脇が甘いことに変わりはないので、結論は変えない。
http://www.asahi.com/national/update/0114/035.html

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home