.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

金曜日, 4月 01, 2005

その名はADT

http://japan.cnet.com/interview/story/0,2000050154,20082117,00.htm
最初のページだけ見るとかなり胡散臭く感じるが、2ページ目以降では至極当たり前のことしか言っていない。
そりゃあ、ずっとなにかに追い立てられるように仕事して、掛かった期間が短くなる以外に素晴らしい結果が出るとは到底思えない。それがずっと続いているのならば効率だって落ちていくだろう。
その「追い立てる」役割を果たしているのがコンピュータ技術によってもたらされる情報やコミュニケーションだったりするわけだ。
途中で株取引所の喩え話が出てくるが、資本主義経済の本質はあそこに最も良く現れていると思う。要するに、資本主義経済からの要求を際限なく突き詰めていけば、どの職場でもあのような状態になってしまうのではないか。
これまでは、物理的な障壁によってその要求がか実現されることがなかったけれども、その障壁をコンピュータとネットワークが取り払ってしまったのだろう。
資本主義的価値観に毒されている我々は、休日になにかを楽しむ時にさえ、資本主義経済の要求であるところの最大効率を満たして行動しようとしがちだ。緩急をつけるという意味でも、休みの時には資本主義的価値観を棚上げしてみることは決して悪いことではないのではないだろうか。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home