.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

土曜日, 1月 28, 2006

Dimension3100Cと2005FPWのその後

結局、DVIではなくてVGAポートから入力した1680x1050の画像には、どんなものでも多かれ少なかれ文字の右側にゴーストが生じるという症状が発生するということが判明した。
要するに2005FPWのアナログ入力が腐っとるところに、妙にコントラストの高いWindowsの映像出力が重なって、使い物にならん位ゴーストが発生するという現象が起きているわけだ。
で、Dimension3100CにはVGA出力しかなく、スロットもPCI Express x16やAGPは存在しない(あるのはPCI Express x1)ので、DVI出力をつけたかったら、Matroxの3万くらいするロープロファイルPCIカードを買わなければならない。
よって、お金がないという理由でDimension3100Cを選ぶ人は、2005FPWとの組み合わせは、事前に実機が動作しているところを注意深く観察し(特にメニューの近辺)、納得してから買うべきである。でないと延々とWindowsを再インストールさせ続けられかねない(そして症状は改善しない)。
あ、DVI入力でのみ使うなら、2005FPWは良い液晶ディスプレイだと思う。Dimension3100Cとの組み合わせが致命的なほど駄目なだけで。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home