.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

火曜日, 10月 09, 2007

米澤穂信「遠まわりする雛」読了

読む予定の人は、ちゃんと最後まで読んでからこのエントリを読んだ方が、良いかと思う(積極的ネタばれはしていないつもりだが)。
「古典部」シリーズ最新作にして連作短編集。「インシテミル」に手をつける前に買ってしまい、あまつさえ読了してしまうというこの体たらく。

うーん、ホータローはそういうことからは身を引いていて欲しかったなー、というのが正直な感想。まぁ、ほのめかししかないので、ミスリーディングに引っ掛かっているのかも知れないけど(作品の順番とか、かなり意図的にやってる感が強い)。ミステリ作家ならここにミスリーディングの一つでも仕込まないでどうするのか、って感じだ。
それはさておき。そこを美点として褒めている書評もネット上で見かけたのだが、少なくとも私が米澤穂信に求めているのはそれじゃない。それは他の作家でも代替できるんじゃないかな。
全然関係ないけど、千反田えるのイメージって、ノーメイクの栗山千秋なのかしらん? ちょっと美人過ぎるか。5年前くらいにドラマ化されていたら、間違いなくキャスティングされただろうけど。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home