.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

火曜日, 10月 09, 2007

宮村優子「電脳コイル」1,2読了

アニメ本編を撮ったっきりさっぱり見ていないのに、ノベライズ(ではないらしいが)を先に読んでしまった。
なんつーか、主要登場人物たちが何かに憑かれているかのように必死に行動するので、読んでいて喉が渇く。ひりひりした小説。
私の小学生時代は、もっと世界が単純だったように思う。単に私の内面が単純なだけかもしれないが。
2巻の最後で、主要登場人物たちの共通項が明らかにされるのだけれども、なんだろうなー、小学生くらいの子供って、もっと柔軟な存在だったと思うんだけどなー(その柔軟さを評価しすぎな大人がいるのはともかくとしても)。
すごく面白いんだけど、同時になんかちぐはぐな印象を受ける。登場人物たちの年齢が全部+5されるとちょうどいい感じかもしれない。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home