.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

木曜日, 12月 27, 2007

異常行動は「タミフル服用者の方が少ない」

http://www.mypress.jp/v2_writers/beep/story/?story_id=1689916
やっぱり。
作用機序の研究は数値が間違っている、それなりの数の疫学的研究でも結果は否定的。
タミフル悪玉説はもはや単なる都市伝説と化したと言っても過言ではあるまい。

話は変わるが、インフルエンザ患者が今日も出社してきましたよ。
お前らもう年末も押し詰まりまくってるんだからさっさと今年中にプロジェクトの結果を出すのを諦めろよ! 阿呆か!

08/01/24追記
厚生労働省のデータの取り扱い方に問題があって、タミフル服用者群とそうでない群の異常行動の頻度は「同じ」とするのが妥当だという突っ込みをネットで見かけた。まぁ、それでもタミフル悪玉説は粉砕されるのでこのエントリの趣旨は何も変わらないのだが。

ラベル: , ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home