.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

土曜日, 8月 04, 2012

MacOS X 10.7 LionにSafari6を導入後、Lionを上書きインストールするとSafariが起動しなくなった

全ての環境で起こると判っているわけではないのだが(たぶん起きないのではないか)、掲題のようなトラブルに見舞われたので記録を残しておくことにする。


  1. Mountain Lion発売後のソフトウェアアップデートでSafari6を導入した。
  2. Bonjourプリンタ共有のプリントキューが処理されないという不具合が発生し、設定を削除して再設定しようとしたら、Appleのサーバーからドライバが落とせなかったという旨のエラーが出て設定できなくなった。
  3. 世間に流布している方法で作成したLion インストール DVDからOS Xの上書きインストールを行なったら、プリンタの設定は出来るようになったが、Safariが起動しなくなった。

きちんと記録を取っておけば良かったのだが、取っていないので記憶を元に何が起きるのかを説明すると、

  1. Dock上のSafariのアイコンをクリックして起動する。
  2. ウインドウが表示される前に異常終了(たぶんException発生)して異常終了を知らせるダイアログが表示される。
  3. そのダイアログの「再起動」ボタンを押しても、また同じエラーで異常終了する。
  4. 以下繰り返しである。当然Finderからアイコンダブルクリックでも同じ結果になる。


SafariはFinderでは消去できないし(「消去できません」なんてダイアログをFinderが出すとは知らなかった)、Safariを上書きインストールしようにも、Safariのインストーラーも手に入らない(Developper登録をしていると入手可能かも)。
仕方がないのでMountain Lionを導入して正常に戻った。

幸いにしてMountain Lion対応の機種だったから良かったが、対応外の機種だったらデータのバックアップをとってクリーンインストールするしかなかった気がする。iCloud以外のメールアカウントの情報なんて、どこに保存されているのか知らないぞ。考えるだに恐ろしい。
TerminalからSafari.appをデリートしてSafariが再インストールされるかどうか確認するというのはクリーンインストールする直前に試してみても良かったかも知れないが、これはやっていない。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home