.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

火曜日, 2月 01, 2005

ドキュメンタリーと名前がついていればなんでもいいのか

1/23に日本テレビ系列で放送された「急増!ネット依存の恐怖」だが、ちょっとググってみると結構な数の人があの番組の内容を真に受けていることがわかった。googleのページで上位にあるということは、おそらく真に受けている人達の書いたものには、それなりの数のLinkが張られているのだろうから、その背後にはもっと沢山、真に受けている人々がいるのだろう。
中にはゲーム脳に言及しているのに肯定的に捉えている人までいる。つーことは、その人はゲーム脳を信じているということになる。ゲーム脳を恐ろしがるあなたの知性の荒廃が心配ですよ。ちゃんと前頭葉働かせてますか? 余計なお世話ですが。
私にはネット依存よりも、あんな適当な作りの番組を真に受ける人が沢山いるという、この事実の方がよほど恐ろしい。
もし、現代日本にヒトラーやゲッベルスが現れれば、たちまちのうちにナチスによる政権が出来上がってしまうのではないか。……なんてドキュメントを作ったらどれくらいの人が真に受けるだろうか。

ついでにゲーム脳に関してちょっと面白い記事があったのでリンクしておく。
http://www.journalistcourse.net/blog/archives/2004/12/post_5.html

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home