.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

木曜日, 11月 24, 2005

ドイツとトルコ

昨日、祝日だったので久しぶりに銭形金太郎を見たら、ドイツ人と日本人のハーフという女性が紹介されていた。その女性が彼氏募集中ということで、以前銭金に出演した外国人男性を集めて集団お見合いという形になった。。
その男性の中に、トルコからの留学生(東京大学在学中)という人がいて、「自分は実はドイツ生まれだ」と自己紹介していた。
そこまで見て、マスターキートンやらMONSTERやらで仕入れた半端な知識を持つ私は「それは実はヤバイのでは」などと思い(現在フランスで暴動を起こしているのが旧植民地からの移民であるのと同様に、ドイツにおいてもトルコからの移民と地元民の間に軋轢があり、ネオナチなどの台頭の一原因となっている)、どういうフォローがされるのだろうかと思って見ていたのだが、ドイツで生まれたという事実は、単なる共通項(その女性は京都大学に留学経験があるので、「良い大学」に行っていたという事実と同程度)として扱われ、あまつさえそのトルコ人男性が交際候補として選ばれてしまった(番組上の演出だけなのかも知れないが)。
他にその場にいたのが中国からの留学生と黒人二名だったので、トルコ人ならまだ心情的に一番近いという理由かもしれないのだけれども、外野の人間が思っているほど、移民と地元民の対立というのも酷くないのかもしれない。
対立しているのは職分が重なる労働者階級なので、娘を海外(しかも物価その他が高い日本)へ留学にやれる裕福なインテリ層にとってはまた事情が違うのかもしれないけれど。

2 Comments:

  • そのトルコ人でず!(笑)本当です。
    もし気になさることが他にもありましたら何でも聞いて下さい。

    bogac.develik@gmail.com

    By Blogger Bogac, at 5/19/2008 11:40 午後  

  • bogacさん、コメントありがとうございます。
    私が気にしているのは、ドイツでのトルコ人移民の人とドイツ人との関係ですので、ドイツで暮らしたことがあるのであれば、現地の様子などを教えていただけるとありがたいです。

    By Blogger 深井龍一郎, at 5/20/2008 2:15 午前  

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home