.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 7月 04, 2007

東浩紀が文化庁に原稿を無断で検閲されたそうな

http://www.hirokiazuma.com/archives/000307.html
まーあれだ。文化庁なんていう場末の役所は「為にする」仕事しかしないということだ(そもそも現代日本人のうちどれだけの人間が、日本の文化を「積極的に金と手間をかけて」振興したいと考えているのか、非常に疑問な訳だが)。
もうちょっと高級な役人ならば、最低限、所属する役所が管轄する法律に反するようなことを仕事としては絶対にしないわけだが(もっと高級な役人ならば、日本に存在する法律には絶対違反しない仕事しかしない)、文化庁など、なにしろ場末もいいところだ。最低の人材の吹き溜まりと化しているのだろう。
もうこうなると、選挙のたびに「予算を削るべき役所」と「予算を増やすべき役所」を投票させてほしい。以前にも書いたが、国会でやってる予算審議に意味があるとは到底思えぬ(あれは野党が与党に嫌がらせをする機会を与えているだけだと思う)。今だと社会保険庁がぶっちぎりで1位なんだろうけど。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home