.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 9月 17, 2008

米澤穂信「インシテミル」

読了。
買ってからかなりの期間積んでしまっていた(昨年から買った本のほとんどに適用できる言説だが)。
不眠症気味の人間はミステリなど読んではいけないということを思い出せてくれた。
最初ある警告文の通り、「不穏当かつ非倫理」な内容ではあった。米澤穂信らしいからしくないかを考えれば、まぁ、こういう一面もあっていいんじゃないかと思う。
きっと彼も「淫して」みたかったのだろう。
ところで、作中に出てくる小説(十二作くらいある)のうち、読んだとはっきり言えるのが横溝正史だけというのは、私が濃いミステリ読みじゃないということを示しているだけで、それはそれで喜ばしいことであると私は考える(SFだってさほど読んでる訳ではない)。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home