.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

火曜日, 3月 23, 2010

同人作品をAmazonで売ってみている人

http://togetter.com/li/10496
タイトルのごとく、Amazonで同人ソフト(エロゲー)を売っている人がいて、その方法等をtwitterでつぶやいていたらしい(リンク先のtogetterで知ったので伝聞&過去形)。
Amazonを利用した出版社や書籍流通を利用しない本の頒布は、小林源文一等自営業閣下が既に試みていて、私も購入したことがある。
http://www.amazon.co.jp/dp/B0032H7WPE
だから、個人でAmazonで本を売るということが可能であることは知っていた。知っていたが、既に商業出版に関わっているという知識や経験が必要なのであろうと勝手に予想して、勝手に自分では出来ないと思い込んでいた。
今回のまとめでは実際にAmazonで作品を売っている人の懇切丁寧な説明があるので、手続き面での不安はなくなった。しかしながら、月に最低でも4700円掛かるということは、一度の即売会で50冊以上売れたことは一度切りな中小零細サークルではちょいとばかり敷居が高いように思える。元々採算など考えていないことは確かだが、どこまでの赤字を許容できるか、という点で厳しいと思う。
いずれにせよ、選択肢が増えることは悪いことではない。Amazonが一人勝ちしてしまうとまた選択が減ってしまうので、他の同人流通に関わる企業はもう少しの努力をされたし。

ラベル: , ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home