.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 12月 02, 2009

「This is it」と「マクロスF イツワリノウタヒメ」を観てきた

「This is it」と「マクロスF イツワリノウタヒメ」を観てきた。
「This is it」は最終日のレイトショウ、「マクロスF」は一日の映画の日で、どちらも正規の価格ではない。私は映画のパンフレットは買う主義なのだが、どちらも買えなかった。
理由は両者で微妙に違っていて、「This is it」は色々立て込んでしまって開始ぎりぎりにシネコンに着いてみたら、ネット予約のチケット発券機の前に大行列が出来ていて入場が上映開始ぎりぎりになってしまい(なんでクレジットカードを通して一発で発券される方法でなく、予約時の番号と暗証番号を打ち込む人が多かったのかは私にとってかなりの謎だ)、レイトショウなので終わった時には売店も営業を終了していたためで、「マクロスF」はパンフレットが完売になっていたためである。開始から二週間でパンフレット売り切れって、相当少量数しか発注しなかったのだろう。

「This is it」はキャンセルになってしまったマイケル・ジャクソンのLiveのタイトルそのもので、ほとんどがLiveのリハーサルの映像で構成されている。NHK BSでたまにやる、Liveのドキュメンタリーのようなものである。
リハーサルとはいえその完成度はかなりのもので、バックダンサーがステージ衣装でない以外の点では実際のLiveと遜色ないものになっているだろうと思わせる。
さすがKing of Popと呼ばれているだけのことはある、見事な楽曲とダンスだった。

で、「マクロスF」の方なのだが、事前になんの情報も収集せずに観に行ったので、よもやTV版の再編集+αだとは思っていなかった。しかも微妙に話が違う。劇場版マクロスと同じような扱いにするのだろうか(TV版マクロスが実際にあったことで、映画版はあとから事実を元に作った映画という扱いになっている)。上映時間からすればTV版のダイジェストであると予想の付きそうなものだが、それは後知恵であるともいえる。
メインになるのはバルキリーとヴァジュラの戦闘シーンとシェリル・ノームのLiveなのだけれども、シェリル・ノームLiveの演出は、「This is it」を観た後ではさすがに劣って見える。これは相手が悪いと言ってしまえばそれまでだけれども、マクロスの方はCG使いたい放題なのだから、もう少し頑張って欲しい気がする。
上映の最後の最後で完結編の予告が流れたのだけど、TV版の終わり方とは違う結末が用意されているのだろうか。

観る順番を逆にしておけば良かったと思う。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home