.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

金曜日, 1月 01, 2010

99.9% offのiPhone App

12月に入ってから、あちらで言うところのホリデーシーズンということで、iTunes StoreでAppが無料になったり割り引きになったりしていた。
たとえば、一部のnamcoのゲームは、期間がわからないのだが(なにぶんアナウンスが見つからないので)、115円で買えたりしていた。
一部のAppでは、なんと99.9% offのものもあったのだ。たとえば、Vanilla Breezeというところが販売しているClassical Music Master CollectionというAppである。これは元は115000円(!)で販売されていたが、12月末頃に115円で売られていた(今は230円になっている。これでも99.8% offである)。
肝心のソフトの中身はClassicの曲が大量に入っている。どれくらい大量かといえば、容量が1.7Gbytesほどあるということでご理解頂けるだろうか。収録曲数とかそういう情報はApp内で調べられない(リストの途中へのジャンプ機能も検索機能もないときたもんだ)ので自分で数えるしかないため、ご勘弁願いたい。各作曲家の交響曲からピアノソナタまで、かなりの数が入っている(と、思う。なにせクラシックには詳しくないので)。また、収録曲はこのApp上でしか聴けない。iPhoneのライブラリに曲が登録される訳ではない。
まあそれは良いとして、115円ならいいかと思ってこのAppを買ってみた。買ってみたは良いけれどもなにせ1.7Gもあるもんだから、iPod touchのApp Store上ではダウンロードがさっぱり終わらない。二重課金も覚悟の上でiTunes上でダウンロードし直しても10分くらいは掛かったように思う。iPod touchの同期も5分くらいは掛かったと思う。
で、せっかく買ったのだし、年末は(何故にそうなのかは知らないが)「第九」ということで、ベートーベンの交響曲第九番を聴いてみることにした。
……全然知らない曲だ! いや、主題のメロディーは聞き覚えがあるな……。というのを三回繰り返し、第四楽章まで聴いたところでやっと「歓喜の歌」のメロディーが出てくる。でもこれ合唱どころか歌唱さえでもないぞと思っていたら、半分くらい進んだところでやっと歌手が出てきて、しばらくしたらやっと聞き覚えのある合唱になった。
もしかすると、「歓喜の歌」って「第九」全体の一割にも満たないんじゃなかろうか。
知っている人にはつまらないことかも知れないが、全くの門外漢には目からうろこの思いをさせられる体験であった。

ラベル: ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home