.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

金曜日, 1月 21, 2005

最近の読了

森博嗣「奥様はネットワーカ」(講談社ノベルズ)
感想を書くとネタバレになるので敢えて感想は書くまい(こう書くだけでもネタバレと言われそうなな気がする)。

牧野修「アシャワンの乙女たち」(ソノラマ文庫)
○人○ロ○・○かよ! 敵は○ル○魔○かよ!(ネタバレに近いので伏字)
なんかプロットが単純すぎるところがちょっと気になった。人物描写もなんか薄い。挿絵や表紙からして、ソノラマ編集部はキャラ萌え小説を狙っていると思われるのだが、牧野修にはキャラ萌え小説は書けないのだろうか。
敵側の嫌な嫌な描写はねっとりしっかり書き込まれていると思うのだけれど、そちらがねっとりしっかりしている分、主人公側のすっきりさわやかな描写は薄くならざるを得ないのか。

上遠野浩平「禁涙境事件」(講談社ノベルズ)
うーん、てっきりこのシリーズはエキセントリックなキャラを愛でるキャラ萌え小説のシリーズだとばかり思っていたのだが、今回はゲストキャラばかりが活躍する話になっている。
舞台になっている禁涙境も、これまでのエキセントリックな舞台からすると至って普通。
なんか方向転換でもするつもりなのか。それともこれは番外なのか。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home