.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

水曜日, 11月 21, 2007

レーザープリンタ

何回か書いたが、私は同人誌を作っている。数が出ないのと原稿の上りが遅いのとで、新刊は基本コピー誌である。
一昔前までは、コピー誌といえばインクジェットで出力してからコンビニのコピー機で刷るというのが主流だったのだが、技術の進歩というのは恐ろしいもので、ご家庭でA4モノクロレーザープリンタを無理なく運用できるようになってしまい、しかもランニングコストはA4一枚10円より安いときたもんだ(カタログスペックで3円とな)。
というわけで、Brotherの一番安いレーザープリンタHL-2040を買って、今回のコミティア82の新刊の本文を刷ってみたりした。
まぁいろいろと不具合もあったわけなのだが、致命的なものは特になく、あったとしても「ページ数が多すぎて袋折コピー誌の体裁だとホチキスの針で止まらない」という、プリンタには特に罪はないものではあった。
んが。後でよくよく調べてみると、Brotherの上位機種には「ページ順番を勝手に入れ替えて両面印刷し、折本にしてくれる」という機能があるではないですか!
Amazonで価格を調べてみると、その機能が付いている最低限のスペックの機種(HL-5250DN)は、差額一万円程度であることが判明。下手こいた―!(現在、風邪で熱があるため、普段は機能しているリミッターが機能しなくなっています)。
まぁ、今回の原稿はEGWORDの不具合ですべてを一ファイルにまとめることが何故かできなかったので(ファイルを挿入すると文字が欠けたり改ページの位置が変になったりした)、都合よく各原稿が4の倍数ページになってでもいなければ、その機能が生かされることはなかっただろうが。
それでも、しばらく使ってドラム交換が必要になったらそこでHL-2040はお払い箱にして、次の機種は上位機種にしようと固く心に誓ったのでありました。

ラベル: , , ,

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home