.comment-link {margin-left:.6em;}

r-fukai's Diary ausf blogger

月曜日, 2月 26, 2007

欧州で販売するPS3は、量産性のためにPS2完全互換ではない

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20343928,00.htm
おやおや。
久多良木氏がブチ上げた(俺の考えた)最強のエンタテイメントハードウェアから、少しづつ現実路線へと引き戻し始めているという解釈でよいのだろうか。
結局のところ、ソフトウェアによる互換性の確保は無理だったのでPS2で使われている主要チップを両方とも載せてハードウェア互換性を取ってみたところで、音楽が鳴らないなどの問題が噴出したわけだから(これはPS2には載っているワンチップのPS1がPS3には載っていないことが原因だとされる)、そのような高コストなのに半端な互換性を提供しても仕方がない、という判断になったのだろう。
そうやってどんどん現実路線に近づけていってしまうと、最終的に出来上がるのはSONY版XBOX360だと思うのだけれども、SONY本体の事情からしてBDドライブまで削るとは思えないので(これがPS3の原価を引き上げている最右翼だと言われているのだが)、XBOX360と同じモノになるまで機能が削られてしまうことはまずありえないだろう。
これで値段が下がったりすると、SONYにとってもPS3にとってもユーザにとってもありがたいというまことに結構な展開になるのだろうが、値段も据え置きのままのようだし、SONYにとってしかありがたいことになっていない気がする。
特に、ユーザにとってはSONYの都合で互換性のない機械が出回ることになるわけで、ちっとも嬉しくない。ということは、回りまわってPS3にもありがたくないことになるのではなかろうか。

ラベル:

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home